妊娠中は飲めない?

ダイエット茶を日常的に飲むことは健康にも美容にも良い習慣ではありますが、妊娠したという場合には今まで通り飲み続けても問題のないものでしょうか。

 

妊娠中にダイエット茶が良くないと言われる理由としては、カフェインを多く含む場合があることが挙げられます。カフェインは脂肪燃焼の効果が高いので通常ではダイエットに効果的に働きますが、残念ながら妊娠中には良くないと言われる成分の代表格ですね。

 

なぜ妊娠中にカフェインが良くないかというと、大量の摂取が脳神経に作用すると言われているためで、胎児になんらかの影響が出ることを懸念するためです。また、カフェインと聞いてコーヒーを思い浮かべる人もいると思いますが、睡眠を浅くしたり頭痛を起こしたりといった作用も起きやすいですね。これも妊娠さんには避けたいことです。

 

そして妊娠さんには絶対に欠かせない鉄分の吸収を邪魔してしまう働きもカフェインにはあります。お腹の赤ちゃんが大量に血液を使いますので、妊娠さんはただでさえ鉄分不足になりがちです。貧血を起こしやすくなる人もいますよね。

 

そんな状態で吸収を阻害するような要素は避けたいというのは当然のことです。

 

いずれにしても、これらはカフェインを「大量に」摂取した場合に起こることであって、多少摂取したからと言って目くじらを立てるようなことではありません。
あまり神経質になる必要はないでしょう。

 

ダイエット茶に限らずお茶にはカフェインが含まれるものも多いですから、なるべく避けるとすれば、緑茶よりはプーアル茶、カフェインを含まない明日葉茶などを選んで飲めば問題はないでしょう。心配なら主治医に相談してみては。


このページの先頭へ戻る